マイナンバー管理ソフト

マイナンバー管理ソフト
MENU

マイナンバー管理ソフト

マイナンバー管理ソフトの営業電話や広告を見ることが多いと思いますが、実際に必要なのでしょうか?

 

結論から言いますと、必要なケースが多いと思います。

 

マイナンバーを漏えいした場合の罰則や社会的制裁はかなり厳しものがあります。取引先からの信頼を失ってしまっては大ダメージです。

 

マイナンバーの管理の方法について国が明確なものを示していないので、どうしたらいいのか分からないという声も多いです。管理方法としては、必要な書類にだけ使い、それ以外の時には厳重に管理するということなのですが、具体的には?ですよね。

 

社員やアルバイトの数が少なければ、必要な時に集めて、本人確認を行い、破棄してしまうのが一番です。しかし、そうでない場合は、毎回毎回集めるわけにもいきません。

 

また、税務調査が入った場合に、マイナンバー付きで社員の情報を提示する必要があるかもしれません。ここはまだ明確になっていないようです。マイナンバー付きで、社員にいくら給料を払ったかが分からないと、架空の人間に給料を支払ったことにしているということが可能ですし、マイナンバーが始まった意味がなくなりますので。

 

そういう意味でも、マイナンバーは管理ソフトにて厳重に管理することが求められます。

 

 

また、一般社員はマイナンバーに対してのセキュリティを懸念している

マイナンバーは一部の業者を除いては反対の人も多いのではないのでしょうか?それは社員も同じで、情報管理は大丈夫?となっています。それは、国だけでなく、会社に対してもです。

 

以下、当サイトに寄せられた声です。

 

セキュリティは本当に大丈夫なのか不安です。
遂に始まったマイナンバー制度ですが、まだ実施されるには早いのではないかとひたすら不安のみを感じています。
のちに健康保険証代わりとなったり少しずつやれることを増やすといったことを言われていますが、それはもしかして今の時点で十分な準備ができていないだけなのではと思ってしまいますね。
すべての事柄を一気にやられてしまってはこちらも把握することが難しいので、ありがたいといえばありがたいのです。しかし単なる準備不足なのだとすると、セキュリティ面でも準備が遅れているのではないかと勘ぐってしまうことはしかたがないことでしょう。
確かにマイナンバーですべてを網羅することができればとても便利な世の中になるでしょう。個人的にはナンバーで管理されることに抵抗はありません。しかしこの番号が漏れてしまうだけですべての個人情報が漏洩してしまうと思っても過言ではないのです。
また、初めのうちは行政機関のみが利用するということのようですが、次第に民間の機関にも利用が広がることでしょう。そうなると不正利用する企業も絶対に出てくると思うのです。
似たような制度がすでにある他国においてもなりすましが横行しているようですし、それに対する明確な対処法を提示してもらえないと不安です。
また、これが本当に普及するのか、世間のためになるのかという疑問もあります。普及しなければただの税金の無駄遣いとなってしまいますし、結局は行政のみが得をする、なんてことにならにように祈るばかりです。

このページの先頭へ